移籍車(三菱ふそう)

※掲載順は大型・中小型区別なくナンバー順としています。

■三菱ふそう
P-MP218K 元東京都交通局

2011/8/27 郡山駅前

2011/8/27 郡山駅前
・福島200か・・25 (郡山)
福島交通では初の移籍車にあたる、元都営バスのP-MPエアロスターM。
当時はまだふそうオンリーであったことから、移籍車も当然の如く三菱ふそう車だけを導入しています。
2011年以降新規移籍車による代替が急速に進み、現在はほとんどが廃車となっています。

フロント リア
・福島200か・・28 (郡山) 2011/8/27 郡山駅前 2011/8/27 郡山駅前
・福島200か・190 (郡山) 2011/8/27 郡山駅前 2011/8/27 郡山駅前

P-MP618K 元東京都交通局

2011/8/27 郡山駅前

2011/8/27 郡山駅前
・福島200か・198 (郡山)
都営時代の都市新バス・グリーンシャトル仕様車。福島交通でも1台のみが移籍しました。
福交でも希少なエアロスターKの1台でしたが、2011年に廃車となりました。

U-MP218K 元東京都交通局

2011/8/27 郡山駅前

2011/8/27 郡山駅前
・福島200か・476 (郡山)
数あるU-MP都営車の中でも、唯一エアロスターKボディの476号車。
郡山の所属でほかの都営車と分け隔てなく運用されているようです。


2012/10/5 福島駅前

2012/10/5 福島駅前
・福島200か・482 (福島)

2012/10/5 福島駅前

2012/10/5 福島駅前
・福島200か・595 (福島)
ブルドッグの置き換えのために大量導入され、移籍車では最も数の多い都営U-MPのエアロスターMボディ。
福島・郡山の両支社に配置され、市内路線などで幅を利かせています。
中でも福島の595号車は100周年記念カラーの試験塗装車。結局このカラーは定着せず、以降の一般車は通常塗装に戻っています。

フロント リア
・福島200か・367 (福島) 2011/3/8 福島駅前 2011/3/8 福島駅前
・福島200か・377 (郡山) 2011/10/27 郡山駅前 2011/10/27 郡山駅前
・福島200か・378 (福島) 2011/8/27 福島駅前 2011/8/27 福島駅前
・福島200か・484 (郡山) 2011/3/8 郡山駅前 2011/3/8 郡山駅前

KC-MK219J 元東急バス

2012/10/5 郡山駅前

2012/10/5 郡山駅前
・福島200か1170 (郡山)
みちのりホールディングスに参入してからは、それまでなかったような事業者からの車両が相次いで移籍していまうs。
東急バスからはブルーリボンなどに混じってエアロミディも移籍しました。
エアロミディの移籍車は福交初、ドアやサッシ色が自社発注車と異なりますがそつなく溶け込んでいます。

KC-MM219J 元川崎鶴見臨港バス

2011/8/27 福島駅前

2011/8/27 福島駅前
・福島200か1240 (福島)
臨港バスで2台が導入されたエアロスターMM。その2台が揃って移籍しました。
2台とも福島の所属。このほか標準サイズのKC-MPも2台移籍しています。

KC-MP317K 元川崎市交通局

2013/6/30 郡山駅前

2013/6/30 郡山駅前
・福島200か1388 (郡山)  元W-2757
川崎市バスから単発で移籍したエアロスター。元鷲ヶ峰営業所の2757号車が移籍、現在は郡山に所属しています。
シートモケットなどはそのまま使われているようで、内外装ともに大きな変化は見られません。
銀サッシなので自社発注のエアロスターに良くおり、全く違和感のない仕上がりになっています。

フロント リア
以前の画像 2012/10/5 郡山駅前 2012/10/5 郡山駅前

inserted by FC2 system