東急電鉄-5000系



・5112編成
田園都市線用の基本番台。ドア上のラインカラーは緑色・10両編成です。
初期の編成では種別表示のみ幕式でしたが、5107編成以降は種別・行先共にフルカラーLEDの表示を備えています。
朝の混雑緩和のために、5000系の一部の編成に6ドア車が2または3両連結されており、そのステッカーが貼られています。

2010/4/23 宮崎台駅にて


・5158編成
東横線用の50番台(5050系)。ドア上のラインカラーはピンク・8両編成です。
5050系は最初から全ての編成がフルカラーLEDを備え、車体幅など一部の設計が田園都市線向けと異なります。
最近になって、9000系の代替として基本番台を東横線に転用した編成もあります(車番は先頭車以外変更なし)。

2008/4/6 多摩川駅にて


・5181編成
目黒線用の80番台(5080系)。ドア上のラインカラーは紺色・6両編成です。
南北線・三田線・埼玉高速線に合わせワンマン対応となっているほかは他の番台と大差ありません。
日吉延伸に合わせて増備された編成は行先表示にフルカラーLEDを装備しています。

2009/1/12 多摩川駅にて


inserted by FC2 system