KL-UA452系(FHI/新7E)

富士重車体は新7Eにモデルチェンジされ、KL-代から西工と並行しその車体が採用されています。
02年式の4430は長年続いた富士重車体の市バス最後の架装車で、これ以降は西工車体が採用されています。

この新7E+長尺ノンステップの組み合わせは全国でも、特に本州では非常に珍しい車種でもあります。

上平間と塩浜に尺違いで1台ずつ2台配置。
※CNG仕様車は別項で取り扱っています。


01年度−短尺のみ採用。
02年度−CNGは短尺、一般車は長尺を採用。

車両別
01年度(10.5m) H-4428
02年度(11.5m) S-4430



■01年度 KL-UA452KAN(短尺・10.5m)
H-4428(上平間)
川崎200か・178

2012/5/7 川崎駅西口北

2011/12/29 川崎駅西口北
ラッピング:第一ハウジング
備考:バスコレモデル 臨港G委託時にLED化
市営埠頭行き 10/11/26 川崎駅前
ノンラッピング 08/8/26 川崎駅前
■02年度 KL-UA452PAN(長尺・11.5m)
S-4430(塩浜)
川崎200か・232

2012/2/24 川崎駅前

2012/2/24 川崎駅前
ラッピング:なし
備考:09年 LED化
LED改造前・まえ  08/9/19 川崎駅前

LED改造前・うしろ 08/9/19 川崎駅前
inserted by FC2 system